INTERVIEW

社員からのメッセージ

リーフラスでは、社員が個性を発揮
しながら活き活きと働いています。

さまざまな分野・部署で活躍している社員
たちの生の声を紹介します。

今西 由香梨YUKARI IMANISHI

管理本部 部長補佐

この会社で自分の学んだことを生かしたい、そしてもっと勉強していきたい

INTERVIEW 01選んだ理由と仕事内容

リーフラスへ入社を決めた大きな理由はスクール指導理念に共感したことです。
会社説明会でリーフラスの存在を知るまで、スポーツスクールといえば「勝ち負け」が何よりも大事で厳しい言葉で指導されるというイメージでした。しかし、リーフラスのスクールは、「スポーツを通して子供たちの非認知能力を育む」ことを理念としていて、協調性や課題解決力、忍耐力などを養うことに主眼を置いています。私が大学時代に学んでいたことと重なる部分が多々あったため、この会社で自分の学んだことを生かしたい、そしてもっと勉強していきたいと思いました。
現在は人事総務部として社内のサポートを行っています。業務内容は多岐にわたりますが、会社で使用する書類や備品、フローの見直しを行うことで生産性を少しでも高められるように努めています。

INTERVIEW 02仕事において心がけていること

ゴールから逆算して手順を組み立てること、相手の立場に立つことの2つを心がけながら業務にあたるようにしています。
最終的なゴールを達成するためにどんな準備が必要なのかを考えることが仕事には必要だと考えています。例えば、社用の携帯電話の機種変更を行うとなったとき、携帯電話の端末を社員の手元に届くように手配する、切り替えの方法を共有する、切り替えた後に必要な設定を共有するなどのことが必要になります。社用の携帯電話は会員様と指導員をつなぐ大切なツールです。準備の時には、作業の手間・時間ができるだけ少なくなるように、実際に作業をする社員の立場に立つことでより良いサポートにつながると思います。 ゴールから逆算して手順を組み立てること、相手の立場に立つことの2つは、より少ない作業コストで計画的に実行するためには大切だと思っています。

INTERVIEW 03リーフラスの強み

明るく前向きで、柔軟な社員が多いところがリーフラスの良いところだと思います。
お互いの良いところや得意なところから学びあったり、新しい取り組みや改善策をすぐに取り入れてみたりと、自分の成長に積極的で素直な方が多いです。また、失敗をしてもその失敗を責めるのではなく、次につなげるためにどうしたらいいかという前向きな言葉や励ましの言葉をかけてくれます。
私は元々どちらかというとネガティブなタイプでしたが、そんな方々が周りにいるので、以前よりも前向きに業務にあたることができるようになりました。

私は就職活動中、自分に何ができるのか分からないと思い悩んだり、無理にアピールしようとして失敗したりすることがありました。私と同じようにつまずいた方には特に、自分ひとりで何かをしようといったプレッシャーを感じずに、周りからすべてを学ぶという素直な気持ちでぶつかっていってほしいです。誠意をもってコミュニケーションをとっていれば、人柄や熱意は必ず伝わると思います。

素敵な方々と共に仕事ができる日を心待ちにしています。

ENTRYスポーツを一生の仕事に

  • 新卒採用はこちら

    ENTRY
  • 中途採用はこちら

    ENTRY