MESSAGE代表メッセージ

スポーツを変え、デザインする。

KIYOTAKA ITO伊藤清隆リーフラス株式会社 代表取締役社長

1963年 愛知県日進市生まれ
国立大学法人琉球大学教育学部卒
2001年 リーフラス株式会社設立

スポーツ指導における体罰や暴言を否定。所謂『スポーツ根性主義』を排除し、非認知能力の向上をはかる「褒めて、認めて、励まし、勇気付ける」指導の重要性を提唱。子供向けスポーツスクールでは日本最大の組織体を構築。

『レジャー白書2010』(日本生産性本部 余暇創研発行)が、ソーシャルビジネスの代表例として選出。『ザ・ファースト・カンパニー2015』(ダイヤモンド社)に選出。2016年度 九州ニュービジネス大賞受賞(九州ニュービジネス協議会)。「EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー 2017 ジャパン」(EY Japan主催)の九州地区代表5名に選出。

私たちリーフラスは、企業理念として『スポーツを変え、デザインする。』を掲げ、あらゆる社会課題をスポーツにより解決するソーシャルビジネスを、①スクール事業②部活動支援事業③ヘルスケア事業を中心として実践しております。

スクール事業では、「子供たちのココロに体力を。」を指導理念として、“人間力”とも呼ばれ、現代の教育において最も注目されている「非認知能力」を育むスポーツサービスを提供しております。さまざまな厳しい社内研修を経たプロの指導員が、「認めて、褒めて、励まし、勇気づける」指導を創業より一貫して行っております。その結果、31都道府県での展開・17年連続増員・スクール数2,700拠点以上・会員数約45,530名(平成30年12月現在)となり、子供向けスポーツスクールとしては圧倒的ナンバー1に位置しております。

昨今、学校現場では教職員の方々の働き方が大きく変化してきています。運動部活動種目と担当顧問のミスマッチや教員の負担増加などのさまざまな問題が存在しております。このような問題を当社がサポートし、運動部活動がより良い運営体制へと変革を遂げる一助になればと考えております。運動部活動は生涯スポーツの基盤として、大きな役割を担っております。その価値のある運動部活動を当社が多様なニーズに対応する総合窓口となり、民間企業や地域と連携し、スポーツ庁が作成したガイドラインを基に運動部活動の在り方をより高めて参りたいと願っています。

日本の社会問題の1つとして、平均寿命と健康寿命の差が拡大していることがあげられます。生涯スポーツや健康寿命への関心、高齢者への運動指導も年々関心が高まっている中、ヘルスケア事業では、身近な公民館や教室、老人保健施設などで高齢者の健康増進・健康寿命の延伸を図るため、介護予防運動や健康ヨガ体操の指導を行っております。また、地域の資源を有効に活用し、地域に密着した活動を意識して努めることで、地域と共に動くリーフラスを目指しております。

引き続き一層のご支援、ご愛顧を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

伊藤清隆

APPEAR ON TV SHOW カンブリア宮殿に出演しました

2016年4月14日 放送毎週木曜日夜10時より テレビ東京系にて放送中の「カンブリア宮殿」にリーフラス株式会社 代表取締役社長、伊藤清隆が出演しました。

心を育てるスポーツ寺子屋~
日本一のスポーツ教室として紹介されました!

「カンブリア宮殿」公式サイトへ