CORPORATE SOCIAL RESPONSIBILITYリーフラスのCSR

RESULT 企業の社会的責任

活動実績

私たちは地域の課題をとらえたソーシャルビジネスを永続的に行うことにより地域、
そして日本を変えていく事業そのものが社会貢献であると考えております

TOP MESSAGE トップからのメッセージ

TOP MESSAGE トップからのメッセージ

リーフラス株式会社 代表取締役社長 伊藤 清隆

リーフラス株式会社
代表取締役社長 伊藤 清隆

リーフラス株式会社は、社会が抱えるさまざまな課題を
スポーツで解決するソーシャルビジネスを実践している企業です。

ソーシャルビジネスとは、
【社会性】 現在解決が求められる社会的課題に取り組むことを、事業活動のミッションとすること。
【事業性】 上記のミッションをビジネスの形に表し、継続的に事業活動を進めていくこと。
【革新性】  新しい社会的商品・サービスや、それを提供するための仕組みを開発したり、活用したりすること。
また、その活動が社会に広がることを通して、新しい社会的価値を創出すること。
以上、3つの視点を有するものと定義されております。(参照:経済産業省 ソーシャルビジネス研究会)

CSR(Corporate Social Responsibility)については、
「スポーツを通して社会問題を解決する」という観点から
「安全」「環境」「社会」の3つの取り組みを行っております。

「安全」では、社員への安全教育研修等を定期的に実施し、社員やスクールに通う子供たちの命を守るための安全意識の向上に努めております。研修実施により、緊急対応が必要な場面に遭遇した社員の適切な処置の結果、大事に至らなかったという事例も数多くあります。
「環境」については、実際にスクール活動を行っている校庭・体育館・公園・グラウンドなどを中心に清掃活動や整備活動を行っております。子供たちがスポーツのできる環境に感謝をし、安全で快適な生活環境への関心を高める活動となっております。
「社会」においては、アスリートの活動環境に着目、心身共にスポーツに打ち込める環境づくりやサポートをはじめ、社会的認知の向上や普及活動を行っております。

今後もさまざまな社会問題を、スポーツを通じて解決するためのサービス事業の開拓に努めて参ります。

SAFETY
ENVIRONMENT
SOCIAL