SAFETY安全への取り組み

社員の安全意識を向上

社員やスクールに通う子供の命を守るために安全意識の向上に努めております。

APPROACH 01 社員への定期的な
安全教育研修を実施

全社員を対象に、毎月安全研修を実施しております。
また、毎年救命講習の受講や指導員テストの合格を義務づけると共に、各種安全マニュアルの研修、運用状況のチェック・フィードバックを行っております。
最新のリスクマネジメント・クライシスマネジメントの知見を踏まえ、安全マニュアルの更新・運用の再検証を行っております。

APPROACH 02 ドライブレコーダーの導入による
安全運転への意識向上

業務上、車の使用が多い弊社ではドライブレコーダーを導入し、社員の安全運転への意識向上に努めております。また、全ブロックに安全運転管理者を配置し、業務時の車の運転による事故違反の防止に努めております。

APPROACH 03 安全対策環境の充実

救護セットの準備はもちろん、年々暑さが増す中、熱中症対策として、黒球熱中症計(JIS規格)を全指導員が所持しております。
さらに、スポーツ安全の専門家のアドバイスや、行政・学校が利用しておりますWBGT値に基づく安全指針を定め、安全に配慮した活動を行っております。
また、イベント等では、看護師の同行、AED持参、また安全な運営を行うための安全担当者のチェック、視察等も実施しております。

MEASURE スクールでの徹底した安全対策

安全で安心して通えるスクールを目指し、徹底した安全対策
を実施しております。

安全管理

各地区の安全担当者や現地責任者等が随時、スクールのチェックを行い、課題を抽出やフィードバックを行うことで、より高い安全管理を行う環境を作っています。

危機管理

社員研修以外に、スクール会場周辺の危険箇所やAED設置箇所の確認、熱中症対応に関わる環境調査等を実施し、お子様が安全にスポーツに取り組める環境を整備しております。

熱中症・頭部損傷などの対策

スポーツにおいて特に注意が必要とされる項目については、専用マニュアルの作成や特別研修を行っております。