NEWS RELEASEニュースリリース

2019.05.28スポーツデザインシンポジウムを開催いたしました

5月27日(月)、弊社主催のスポーツデザインシンポジウム「 日本の部活の将来を考える 」を開催いたしました。

現在、社会問題になっている「 日本の部活動問題 」について、専門家をお招きし、さまざまな視点から問題点を考察して、日本の部活動問題について講演及びパネルディスカッションを実施いたしました。

≪開催概要≫
テーマ:日本の部活の将来を考える
主催:リーフラス株式会社
後援:杉並区教育委員会
日時:2019年5月27日(月)12:00~16:00
会場:杉並公会堂小ホール(東京都杉並区上荻1丁目23-15)

実行委員長である弊社代表の伊藤からの挨拶ではじまり、内田良氏(名古屋大学准教授)から「部活動の問題点」、小林淳氏(杉並区教育委員会)から「行政の対策」、清水恭孝氏(國學院久我山高校サッカー部監督)から「指導改革」のご講演をしていただきました。
パネルディスカッションでは、スペシャルゲストとして岩政大樹氏(元サッカー日本代表)をお招きし、さまざまな視点から現在の部活動の問題点や今後の改革について議論を行いました。

当日は約80名の方々にご参加いただき、登壇者への質問や交流を通して、今後の部活動について考える大変有意義な時間となりました。
お暑い中、足を運んでいただきまして誠にありがとうございました。

弊社は、『スポーツを変え、デザインする。』という企業理念のもと、社会の問題をスポーツにより解決することを使命と捉え、今後も情報発信を行っていきたいと考えております。